うみつづり

海のレシピ

Voices思い出を読む

あの日、あのときの海での出来事。
これまでに寄せられた海にまつわるエピソードをご紹介します。

가마쿠라에서 모두의 웃는 얼굴
人ㅁ키의 바다를 지키려는 실천
-지연-

ジョン(韓国・20代)

放課後 友達と船にのって 東京湾をながめました。風がつめたかったです。

りんご(神奈川県・20代)

中学の頃、家族で海に行った時、私は浜辺で数学の問題集を解いてました。

hachaman(東京都・20代)

子供の頃に祖父と海へ釣りに行き 一緒に静かな時間を過ごすのが楽しかった。

Saki(東京都・40代)

20歳の誕生日をサプライズで大学の友達にお祝いしてもらったり、家族で海水浴に行ったり、千葉の勝浦の海には私の夏の思い出がたくさんつまっています!!

エリカ(東京都・20代)

クラゲに刺された。

Shin(東京都・20代)

おさないときクラゲにかまれ楽しいテンションがなくなり逆に良くおぼえてる。

ハルキ(千葉県・10代)

くらげにさされた…。

カエ(東京都・20代)

小学校のときに宿泊行事で海に行き、クラスメイトとすいか割りをしたことがいい思い出です。泳ぐのは苦手だからすいか割りが一番楽しかった!

めい(東京都・20代)

小学生のとき遠泳がんばった。海がしょっぱかった

あんざいとおる(東京都・60代)

映画の上映をして、みんなで“海”をキレイにする事を考えました。人々の暮らしと自然の境界線がなくなるといいなぁ

C(兵庫県・30代)

心地良さ 海は浅いところがスキ……yes...

影山(埼玉県・20代)

熱海の海で部活の仲間と沖に向かって叫んだこと 青春(笑)

チロウメサクラ(東京都・20代)

大学の頃 館山で遠泳実習がありました。館山海自のヘリが来るたびに風圧で溺れそうでした。海水はしょっぱいなとかんじました。

海洋ごみ太郎(高知県・20代)

家族で伊豆に行った時、海辺でビールとおつまみを食べようとしたらトンビにもっていかれました。すごくおどろきましたが、あの時みんなで海で遊んだいい思い出です。また家族で行けたらいいな。

Hana(東京都・20代)

おおあみしらさとくじゅうくり 千葉におばあちゃんの家があって、行くといつもくじゅうくりの海へ足を運びます。小さいころ夕方まで遊んだおぼえがあります。

ねね(東京都・10代)

ウミホタルを採取した。きれいだけど臭かった。臭かったけどきれいだった。

ぬ(東京都・20代)

友人4名で江の島を端から端へ歩いた後の海を見ながらの遅めのお昼ご飯がおいしくて景色も最高でした…!!

えだまめ(東京都・10代)

砂浜にヌーブラが落ちていました……。盛るのもほどほどに!

みずき(東京都・30代)

夕方から夜にかけて、祖母と熱海の海の家にいた。祖母は親戚の人とおしゃべりい夢中で、私は退屈だった。少しだけ泳いでみようと浮輪をつけて海に入った。気持ちよかった。気が付くと、浜辺の海の家の光が波に見えかくれしていた。この時海は広く初めて怖いと思った。

よしべい(東京都・60代)

海水浴場で向こう側にあるコンクリートまでクロールで泳いでいたら溺れてしまい、母に助けられた小5の夏。

皐月(群馬県・20代)

海辺の街に生まれ育った私の出身中学では、マラソン大会の会場が防波堤の道でした。運動が苦手だった私はこのマラソン辛く、足や胸が痛いなか走る隣に輝く冬の海が対照的に泣きそうなほど綺麗だったことが忘れられないです。

ささ(静岡県・20代)

10年前両親につれられて海の目の前にある祖母の家に行った。そぼが「冬の海が一番きれいなんだよ」「冬が好きでよかった」と。それから海は私の大きな宝物になった。

木村夏乃(青森県・20代)

三月下旬の夕方の由比ガ浜は潮風が信じられないほど気持ちよく、何時間でもいれる気がした。

八巻 港(栃木県・20代)

小さい時、食べないくせにばあちゃんとじいちゃんとたくさんアサリをとったこと。

ほのか(富山県・20代)

親の友人の誘いで初めて(?)海に行った。初の釣りで大陸を釣っていた。

軒島一一一(東京都・20代)

心が壊れそうな時、失恋した時。
思春期の頃、海が身近ではない場所で暮らしていましたが、海の音を聞くとなぜか心が落ち着くような、実家に帰ってきた時のような安心感とでもいうのでしょうか。そんな感覚になる海の音は私にとっては癒しでもあり特別な存在でした。
傷心した時こそ、ただただ見つけ眺める海は大きな心で私を受け入れてくれるような感覚にさせてくれて、壮大な自然と比べたら悩みなんてちっぽけだよ、なんて一言では片付けられなかったけれど、それでもただまた明日も頑張って生きようと背中を押してくれる存在でした。

おずあや(東京都・30代)

仕事で行った一式海岸。久しぶりに静かで広くてきれいな海を前にして心が洗われた!

マキ(岡山県・30代)

九十九里に遊びに行くのが子どもの頃の夏の一大イベントでした。何があるわけでもないのかもしれないですが、ただ海があるだけでそこはテーマパークでした。

あゆみ(大阪府・30代)

自転車で15分程で海に着く地に住んでいました。子どもの頃、早朝に海へ行き、あさりをとってお昼に食べたことが良い思い出です。小学校の頃は、クラスで海でBBQを行いました。はまぐりで有名な鹿島です。

林絵里子(茨城県・40代)

くらげにさされている友達を、砂浜から見ていた(小学校の臨海学校)。

実優(東京都・20代)

私の故郷!母とのお散歩で語った将来の夢。大学選びからスタートして、今では就職について相談するようになりました。

ウナ(神奈川県・20代)

潮の香りにしょっぱさを感じながらレモンシャーベット味の甘いキスをして2人で「海の予定じゃないから服装違ったね」と笑う。付き合って1か月目の夏。

ゆきみ(神奈川県・20代)

犬と海辺を散歩した。

ラテ(神奈川県・20代)

18歳の誕生日に親友と海に行ってサプライズでプレゼントと手紙を読んでくれた!(海には入っていない)

そら(東京都・20代)

買った当日にメガネ落とした。

かえで(東京都・20代)

家族や友人とお散歩によく行きます。夕方の江ノ島はとてもきれいです!

オガワ(神奈川・20代)

月に2回程ヨットに乗ってセーリング!!

りーちゃん(東京都・20代)

玄関を飛び出して、道を真っ直ぐ進むと前に見えてくる鳥帽子岩。ぼーっとしたいとき、考え事をしたいとき、どんなときでも自分が一番素直でいられる場所です。

あすてぃん(神奈川県・20代)

大学生のとき、真っ黒な海辺で波間に見える青く光る不思議な光景を見た驚き、空を見上げると波の音と星の輝きがとても綺麗に見えたこと鮮明におぼえています。
ちょうど大学のとき部活動でたっぷり時間があったので、早朝の誰もいない時間に海岸を仲間で綺麗にゴミ拾いをしたこと。
浜辺を綺麗にしたい思いがあった。

エド(東京都・70代)

父親が大の釣り好きで、週末は千葉の銚子の方へ海釣りに出かけていました。
ある日サメが釣れてしまったと聞き、そんな話を小学校の担任の先生にしたところ、ぜひ学校に持ってきて欲しい!と頼まれたんです。何も考えずに、後日、竿にかかった新鮮なサメ(小学生が持てるぐらいの大きさ)を抱えて登校したところ、なんと解剖の授業が始まりました!クラスのみんなで解剖しました。
詳細の記憶はうすくなっていますが、当時の小学校の思い出の1つとして今でも楽しかった雰囲気を思い出します。

ユキコ(東京都・50代)

子供の頃、連れて行ってもらうのが嬉しかった海も、今は子ども達を連れて行く場所に。
待ちきれず浮き輪を膨らます。
くっきりとついた水着の後を自慢し合う。
時が経ち、子供の手が離れた後には海はどんな場所になるのか。
さみしいような、楽しみなような。

すみれ(茨城県・40代)

太平洋のような大きく穏やかな男に育つよう親に名付けてもらった名前は、洋平。
振り返ると、笑える位、名前負け。
それでも今は亡き父のプレゼントに恥じぬよう大切な人達を笑顔にするため日々努力。
思春期真っ只中な長女はみなみ(美波)。次女はひかる(光)。自分が応えられなかった親の期待は、娘達へバトンタッチ。海が近くにある限り、物語は深く穏やかに続いていく。

洋平(千葉県・40代)

海で石を拾った。

ショコラグミ(福井県・10代)

波の荒い海で海中で何回転もした記憶があります。危険だったのか?海によって波がいろいろ違うなーと当時は思いました。

くにちゃん(埼玉県・50代)

子ども達と毎月館山で釣りやスイミングを楽しんでます。これからも海で家族で遊びたいと思います!

matsu(北海道・40代)

千葉の海で砂浜から見た流れ星。

高帆(埼玉県・40代)

社会人1年目、彼と式根島の海でダイビングに挑戦!!!潜ってからしばらくすると、彼が水面に顔を出しました。そこにいた“ガンガゼウニ”が怖かったようです。そのまま彼はリタイア…。私はインストラクターの方とマンツーマンで楽しんできちゃいました。浜辺でポツンと座って待ってる彼がかわいかったです(笑)

ありす(東京都・20代)

自転車で100km程度の道をこいで海に行き、釣りをしてアジを数匹釣りました!!

ギル(東京都・10代)

子どもたちが1km沖に流された。見張りもいたのに一瞬目を離したすきに。フロートが混ざりそれを助けようとしたカヤックの子どもも流され…。

まえだ(神奈川県・60代)

ビーチクリーン。たくさんゴミがうまってるんですよ、砂浜って…。

かなこ(北海道・40代)

三浦海岸でフライングディスクを同時に投げるギネス記録に挑戦しました。無事ギネス認定されました◎

かなこ(北海道・40代)

元旦のウインドサーフィン。ずっと昔、やわらかい日差しとやさしい風で元旦の朝、気持ちいい海さんぽ。

まえだ(神奈川県・60代)

葉山に住み、子どもたちがアウトリガーカヌーの仲間に入った。6人乗りのカヌーを子どもたちが夕陽にむかって漕ぐ姿が美しかった。

祐介(東京都・30代)

子どもと行った海。はじめはビクビク、今ではシュノーケル、フィンを付けて毎年泳ぎに行ってます♪来年も早く行きたいな♡

はるママ(兵庫県・40代)

心優しい漁業者とのふれあい。

きりけん(愛知県・30代)

部活の海練習で、友達と練習せずはしゃいだ。

奎一郎(千葉県・10代)

初デートで行った江ノ島☆

いー(シンガポール・20代)

学校帰りに友人と行きました!!

ゆう(東京都・10代)

学校帰りに友人と海にいきました。楽しかったです。カモメを追いかけました。

〇〇(愛知県・10代)

小さい頃家族で海に行った時、貝集めしてとても楽しかった。

ちいかわ(埼玉県・10代)

海で初日の出を見たこと。

奈央(神奈川県・20代)

3回目のデートで彼の地元の海へ行きました。

nao(新潟県・40代)

受験に合格した日、友達と学校の近くの海に行った!

みり(栃木県・20代)

長男が5歳の時に引き潮に乗って10m程沖に流されて、あわててウキを捨てて泳いで助かった。

ヒーロー(栃木県・70代)

子どもの頃、海の公園で父とハンバーガーを食べてたらとんびにとられたよ。

あや(神奈川県・40代)

ミュージカルサークルの夏合宿でみんなで海に遊びに行きました。合宿中に仕上げた1曲を浜辺で披露したのはいい思い出♪

まゆひら(新潟県・20代)

部活で部員のみんなと海岸清掃に行った!

ゆ.(大阪府・10代)

家族と行った海!!一緒に潮干狩りして楽しかった!またいつか行きたい♡

ひな(栃木県・20代)

初めてのドライブデート♡

さやか(群馬県・20代)

5年生で、学校の宿泊で、千葉の沖ノ島探けんをしました!貝をいっぱいひろったり、生き物をたくさん見ました!!クラスの子とまわれて、すごく楽しかった!(つかれたけど…)

Rei(東京都・10代)

一人で延々とつづく浜辺を歩いたこと。

陽希(千葉県・10代)

江ノ島水族館に行った後に、海で楽しくみんなと話したこと。

サヤカ(神奈川県・10代)

バレンタインに大洗の水族館と海岸に行って、一緒に彼女とぶらぶらしてた。

学生(茨城県・20代)

"海はいつも色々なことを教えてくれます。静かな海は急に荒れ、いつの間にか元に戻っています。我々の世界もそんなことの繰り返し。集団心理はまるで海のよう。けれど私は人の知性を信じたい"
あるアーティストのライブMCより。とても印象に残っています。

みみ(愛知県・50代)

潮干狩りの帰り道、彼と大喧嘩した。東京駅で、シジミお味噌汁と、アサリご飯買って帰った。二人分。

jk(東京都・40代)

爺ちゃんと手拭い使って小魚すくい。沢山捕まえて帰って海水魚飼育をしてくれた。50年も前の話しです。

白石正人(東京都・50代)

今年の春に鎌倉に行き江ノ島などを巡った。湘南の海で夕陽を見たのがすごく思い出に残っています。キレイでした。

みゆみゆ(熊本県・40代)

海を身近に感じながら暮らして、もうずいぶん長くなりました。
折にふれ、浜に出て砂の上に腰を下ろし、海を眺めます。時には、ボードを持ち出して、犬達と一緒に海に漕ぎ出します。少し沖に出て、漕ぐのをやめ、ボードの上でぼんやり。海面を渡ってくる風は爽やかで、優しくて、心地よい。じっとしているのに飽きた犬達がじゃぼん!と飛び込んで泳ぎ出し、仕方なく追いかけます。
そんな海での過ごし方は、私にとって何よりの癒しです。

Kumiti(三重県・60代)

小学校4年生の時に岩井臨海学校に行った記憶があります。海でたくさん泳いだ後にレクリエーションでしたスイカ割りがとても楽しかったです。

もえ(東京都・30代)

夫と付き合い始めたころ、初デートは材木座海岸でした。今からもう40年以上も前の話。
ウィンドサーファーだった夫は、ボードを積んだ車で待ち合わせ場所に現れました。東京から鎌倉まで走り、材木座海岸へ。砂浜にキャンプ用の椅子を広げてくれて、「ここに座ってて!」と言い、本人はセールを張ってあっという間にウィンドサーフィンで沖へ。私は椅子の足が浜の砂に食い込んでいくのを気にしながら、ここが湘南か~と海を眺めておりました。このままでは、サーフ・ウィドウ(今は死語になってしまった言葉です)になってしまう…私もウィンドサーフィンをしなければ!とその時思いました。

Kumiti(三重県・60代)

大学4年間、大晦日になると、仲の良い友達と由比ヶ浜に初日の出を見に行きました。砂浜で流木を集めた焚き火を眺めながら、とりとめのない話をした朝までの数時間。暗闇の中で隣の子と手を繋いだことも。今でも大切な思い出です。曇天で一度も初日の出は見られなかったんですけどね。

のぐとも(東京都・60代)

家族でふらっと夕暮れ時の海辺に行った時、あまりにも漂着ゴミが多いので、みんなでゴミ拾いを始めました。それぞれが、もくもくとゴミ拾いを続けていると、少し離れた所にいた妻から「こっち来てー」と声がかかったので急いで近づくと、生まれたばかりの海亀が一心不乱に海を目指してる姿がありました。その赤ちゃん亀は、様々なゴミの障害物を乗り越えて海へ迷うことなく入っていきました。

その力強い生命力と、亀が海へと消えた後もゴミ拾いをしている我が子のシルエット、夕焼け色に染まった海の色が、いまでも目に焼き付いています。

遅魚(東京都・40代)

伊豆七島の神津島と式根島にはじめて行ったとき、「東京」の海でこんなに青くてきれいな海があるんだ!と衝撃を受けました。星空も最高でした☆

もえ(東京都・30代)

昨年の夏に初めて海で釣りをした。手漕ぎボートに揺られ海を漂うのは気持ちがよく、釣果もまずまず。またそのうち、やってみたいと思う。次回は日焼け対策を忘れず。。。

奨(神奈川県・20代)

中学生の頃、夏の行事で臨海教室に行った。普段は怖い先生が丁寧に泳ぎ方を教えてくれたり、習ったことのない先生が磯の生き物をたくさん捕まえてくれたりと、普段の学校生活から離れた体験は強く印象に残っている。この数日間は、海の解放感が生徒や先生の緊張感を解きほぐしてくれていたように思う。

澄(神奈川県・20代)

家族4人(妻、娘4歳・2歳)で、海水浴。波打ち際で遊んでいた次女が波にもまれ、ぐるぐると回りながら、打ち上げられました。その模様はまるでマグロ。びっくりして走り寄ってみると、なんと彼女はぐっすりと眠っていたのです。残った家族で大笑いした海の思い出。

3710(千葉県・50代)

キャンプしながら海で遊ぶ。たくさんカニや貝を採ってサッポロ一番のラーメンの出汁にする。名前は「シークレットラーメン」。子ども達が大好きなパッピー(父親)が作るラーメン。

3710ミンナトマミ(千葉県・50代)

スーパームーンを見た。

あかね(千葉県・40代)

茅ヶ崎BBQ最高でした!!

宮本(大阪府・20代)

逗子でタイを釣り上げてとてもうれしかったです。

山中雄太(兵庫県・30代)

ちょっとにごった色をしてる葛西臨海公園の海!!

りりこ(千葉県・10代)

初めて行った海にてクラゲと出会って大号泣…。

Yuko(東京都・10代)

台風の日にサーフィン行ったら死にかけた。

〇(神奈川県・30代)

小学校3年の時、ポンキッキーズを見てFamilyで九十九里浜に行ったことが想い出です。

宇田川貴康(千葉県・30代)

下の子がまだ0才の時に家族4人で海に行った時の写真が、あまりに暑くてゆでだこのような顔をして写っているのが、今ではとてもいい思い出になっています。

りんご(神奈川県・40代)

独身の時はウインドサーフィンでいろいろな海へでかけました。結婚してからは子どもと近所のビーチで泳いだり、釣りをしたり生活の一部で楽しんでいます。

Moai(神奈川県・40代)

日の入りの時間にサンセットを見たこと。

あやぴ(神奈川県・10代)

ゴミ拾いのイベントに参加した。

たいち(神奈川県・40代)

時間がなかったのに、友人と思い立って日帰りで海に行き、夜の海を眺めた。

りさ(埼玉県・30代)

去年、初めて海遊びをしました。最初は少し怖かったけれど、だんだんと慣れて夕方までたくさん遊びました。

めいな(神奈川県・10代)

昔、海沿いの高校に通っていました。空から海にひとすじの光が射しているのを時々教室の窓から見かけました。その光景が今ふうに言うとまさに神降臨でした。

みゆきち( 神奈川県・40代)

海の近くに住んでいるため、生活の一部が海といったイメージです。家族で海水浴をしたり、愛犬と散歩したり、ランニングしたり…。これからも思い出は沢山つくっていきたいと思います。

あつはな(北海道・40代)

学生時代の夏合宿の定番が大島。朝から晩までプログラムは詰まっていたけど、夕方に一瞬、自由時間が。そんな時は決まって、港の海にザバーンと。鮮やかな夕焼けの中で、日が暮れるまで浮かんでいたことを思い出します。

Raku(千葉県・50代)

長女が1歳と2ヶ月くらいの時に初めて、江ノ島に連れていきました。渋滞で車がまったく動かず、私と娘の2人は車から降りて少し歩きまた車に乗ってまた歩く。結局、江ノ島についたのは夕方。海には入らず浜辺だけを娘と歩きました。

志津(東京都・80代)

子供の頃まだバブル全盛期の夏、少し潔癖症の父が、子供達のために予定したのは、伊豆七島での海水浴。普段は忙しくて1〜2回/月会えたら良いくらいの父。その分いつも母が家を支えてくれていた。そんな忙しい両親と3人の子供達が、新島の白い砂浜で沢山遊んだ。海も波も、天気にも恵まれて。無邪気にワイワイ。今は、自分が子供達の為に頑張る側。親の有難みを身にしみて感じつつ、あ〜本当に楽しかったなぁ〜と、心に栄養を与えてくれる、素敵な想い出です。

カイ(東京都・40代)

新婚時代、夫がとても寒い日の早朝、近くの海岸にサーフィンに出かけたので、当時臨月を迎えていた私も犬を連れて散歩に行きました。外気温より海水温の方が高かったためか、海一面に立ち昇った蒸気が朝日に染まり、まるで雲の上にいるような景色。天国みたいで胎教によい眺めだなぁと思ったことが20年後の今も心に残っています。

りく母(東京都・50代)

朝早く海岸に行ったらウニをとっている人に出会い分けてもらった。

朝子(奈良県・70代)

サーフィンにハマっていた時期に、早朝の海に行くことは何物にも代え難い楽しみであり贅沢でした。日の出を見ながら静かな海上で波を待つ時間が大好きでした。

HARIBO(東京都・40代)

中学校の修学旅行で海に浮いたのに感激して、立てないあたりまで平気で行ってしまった。

朝子(奈良県・70代)

葉山森戸海岸の海の家オアシス。心地よいレゲエミュージックが流れる、カルチャー系の海の家。僕はそんなオアシスが好き過ぎて、葉山に引っ越してきて20年。海の家が営業する7〜8月の2カ月は、頻繁に飲みに行ったり、ご飯を食べたり、ライブイベントを楽しんでいます。でも、ライブイベントで沢山の集客の後には、浜に大量のゴミが捨てられているんです。心が痛みます。時々ボランティアでビーチクリーンしていますが、もっと本質的に、ゴミをポイ捨てしない持続可能な仕組みや、意識啓発が出来ないものか、少しでも僕も力になれたら良いなと思っています。
オアシスを通じて、地球を大切に、家族や仲間を大切に、ゴミもポイ捨てしない、素敵な心がさらに磨かれるようなバイブスが発信されていくことを願っています。

しゃも(千葉県・50代)

祖母の出身が鴨川市だったので、中学生になるまでは、毎年鴨川の海へ旅行に行っていました。いとこなども集まり、恒例の行事のようでした。外房だったこともあり、波も強い地域だったと思いますが、それが楽しく、怖いと思うこともありませんでした。皆でバーベキューをしたり、親戚の家をまわったり、地域の歴史を学んだり、遊ぶだけではなく、心も成長できた海旅行でした。海といえば、昔毎年行っていたなーと、家族旅行を思い出します。

たんぽぽ(東京都・40代)

スマホも携帯もDVDもない昔の話しです。海は広いな大きいな、と歌を覚えたての頃、海を見たことがない私には絵本と写真やテレビが海の全てでした。小学三年生ごろに遠足で東京湾にいきました。その先には見知らぬ国があるんだと心躍らせて当日を迎えます。目の前に広がる海は想像を越えていました。深緑と黒に近い青を混ぜた、闇のような海の色。そこでハゼを釣るおじさんたち。雨の日は大腸菌が多いため、海水に触れることもできないその海が私にとっての初めての海でした。それから何年か後に八丈島の海に行きました。屋根から下を見ているかのような透きとおる海。たくさんの魚が泳ぐ美しい海。美味しいトビウオ。元気な漁師。海に生きる美しい姿。いろいろな海の姿。

岡本(東京都・40代)

小中学生の夏休み、湘南によく海水浴に行った。オーストラリアで過ごした高校生時代は波乗りをほとんど毎日していた。そんな経験のせいか、大人になり社会の荒波に揉まれて疲れた時にふと思い立ったのは「海に行きたい」という気持ちだった。
週末に朝から電車で鎌倉に。コーヒーを買って由比ヶ浜を目指す。海が建物の切れ間から見えて心が躍る。浜辺をゆっくり歩いてるといつのまにか時間が経っていた。そんな時間の流れとともに僕の心の靄もどこかへ消えていた。

鈴木大雅(東京都・20代)

以前、海の近くに住んでいた時。考え事したい時、本を読みたい時、ゆっくりお酒飲みたい時、話したい時、必ず海に足が向きました。どんな気分の時も、どんな季節も、大きな空と海、静かな変わらない音が包んでくれて、大きな心のリビングみたいな場所でした。

mihoo(千葉県・40代)

夜の海水着がなかったので着てる服どんどん脱いでほぼ裸で泳いだ開放感!

さまざ まなこ(東京都・40代)

子どもの頃の夏休み最大のイベントは、父の会社の保養所があった九十九里白子海岸。海岸から徒歩10分くらいの林の中に建つ保養所。賄いは保養所付きのおばちゃんが作ってくれて、昼ごはんはカレーライス、夜は鯵のなめろうやサンガ焼きが今も印象に残る。夜ご飯を食べてからの海への散歩も楽しかった。

Raku(千葉県・50代)

小さい頃、母と海に出掛けていた一番古い記憶。海に行っても水が怖くて、すぐに浜に上がって遊んでいる子供だった。軟弱な自分を母は引っ張って海に誘うのだけれど、すぐに戻って波の力が一番弱まる所に座って水遊びをしていた。そんな波打ち際で、小さい僕は打ち寄せる波の中に小さい魚がいることを発見する。波が寄せてきてサーっと引く時の薄い水中に魚が2匹くらい泳いでいるのだ。大人たちはこの発見に気づきもしなくて、自分だけが波の隙間に泳ぐ小さい魚を知っていて、これを見ているだけで海水浴の時間が過ぎていった。
大人になって、最近はフィールドの中で生き物を探したりする様になった。空間をじーっと見つめて、そこにいる何かを見つけ出す能力は今も大活躍している。

Sennin(東京都・40代)

今だからはっきりと分かる。いかに父の愛情が濃かったのかと。
物心ついて、割とすぐのいつか。どこかの海水浴場。海中で、私はもがいていた。顎を上げ真上をむいた目に映るのは30センチ上にある波打つ海面。鼻には海水が入りこんでキリを突っ込まれたように痛くて息ができない。溺れている自覚などないまま、恐怖と生存欲求で手足をバタつかせる。次の瞬間、父の太い腕に抱き上げられ、呼吸も視界も戻った。そこにあったのは父の笑顔。その口が「ごめん!手が滑った」と動いた。しばらく咳き込んだ後、大声で泣いた。後々まで夢に見るほどの恐怖体験だったが、父は初めての海水浴で、ねだった息子に泳ぎを教えてくれようとしていたのだ。子供とは怖いもの知らずなのか、休憩の後すぐ、父のカエル泳ぎ教室の続きが始まり、息子はなんとこの日のうちに泳げるようになった。
そして。今度は自分の息子に泳ぎを教える番が来た。父を無くして幾年も経つが、今でもこの海の出来事を鮮明に思い出す。この日の鼻の痛みを。そして小学中学とブレストの選手になった息子をプールサイドで応援している父の姿を。

あすみー(東京都・50代)

海の底まで潜って魚を見たのが思い出です。海のないところで産まれたので、小さい頃に海で魚が泳いでる姿を見た時はとても新鮮でした!

おさかなくん(埼玉県・20代)

海さくら主催の江ノ島海岸ゴミ拾いに適宜参加しています。
毎回行ってもゴミが無くなる事はないと思っています、定期的かつ永続的にゴミ拾いは行っていく必要があると感じています。

大泉 洋平(神奈川県・40代)

昔、夏休みに祖母の姉夫妻の別荘が真鶴にあり、つれてもらっていた。磯遊びや防波堤からの魚釣りが楽しかったのを今でも覚えています。

うーさん(東京都・60代)

子供のときに行った江ノ島。

tat(東京都・50代)

趣味でサーフィンをしています。サーフィンをしているとウミガメやスナメリに出会うこともあり心が優しくなることを感じます。

ヒロ(東京都・50代)

子どもが幼かった頃、初体験の海が、伊豆七島の海でした。素朴で何も無い印象の島景色を囲むように、果て無く続く青い海。怖がる息子にゴーグルを付け、一緒に潜った時、そこに広がっていたのは、海底に広がる光、色や形が様々の魚たちなど、色彩溢れる景色でした。親子共々その感覚が今でも忘れられない思い出となり、またそこで育まれる海の生き物にもとても興味を持つきっかけとなっています。

nari(東京都・40代)

子供の頃にヨットで行った新島と式根島。

さくくん(神奈川県・10代)

神奈川県藤沢市にある高校に通っていたため、体育祭・文化祭など学校行事の打ち上げは、必ず片瀬江ノ島の海岸で行っていました。花火をしたり、勢い余って海に入ったり、ドロケーのような昔ながらの遊びをしたり、青春だったなーーと、とても懐かしく思い返します。

ゆーき(神奈川県・30代)

若い頃に、逗子にいる友人姉妹と一緒に、稲村ヶ崎や七里ヶ浜によくいきました。当時の海の家でお手伝いをした記憶があります。夕方から車の後ろにボートを積んで、どこかは忘れましたが、静かな湾に行った記憶があります。

志津(東京都・80代)

私の最初の海の思い出は、3歳の時の湯河原の海です。赤い水玉の水着を着て、浮き輪をつけて父と一緒に初めて海に入りました。自分の体を大きく越える波が来るたびに父が私を波の外へ持ち上げてくれるのが楽しく、「こんな大きな波よりも高く私を持ち上げられるなんて、父はすごいな~」と思いました。実際は、父の足が着く場所なので波も大きくなかったと思いますが…。その後は砂浜でお城を作って遊んだ記憶があります。その時から私にとって海は楽しい場所です。

うー(東京都・30代)

「海の思い出」と言われて、一番最初に出てくるのは、小学生の頃に両親と一緒に行った「海」。あまり裕福ではなかった我が家。海なし県に住んでいたこともあり、夏の海旅行だけが本当に本当に楽しみでした。朝起きた瞬間のワクワク、車の中で食べるおにぎり、変わっていく景色、チラッと海が見えた時の高揚感など。海へ向かう時のあらゆる光景がすっごくキラキラと自分の中の思い出として残っています。もちろん、海で遊んだり、海の家で焼きそば食べたり、「最中」の思いでもありますが、やっぱり「海に行く」時の無敵感といったら、なかなか同じような感覚になることはなく、強く覚えている感覚です。思い出しただけでワクワクしてきます!海を思い出すって、素敵ですね。

bb3710(埼玉県・40代)

波が引いた後(引き潮)岩がぼこぼこ出てきて海の生物がたくさん見えた。

朝子(奈良県・70代)

幼い頃に母親に連れて行ってもらったので、どこの海岸・磯だったのか詳細は覚えておらず。神奈川県の三浦付近の浜辺・磯に遊びに行った際に、シーグラスがたくさん落ちており綺麗で必死に拾った覚えがあります。幼いながらに宝石のようで、夢中になって拾いました。
今考えると、もともとはガラス瓶のごみから生まれたものなので、たくさん落ちているというのは良くないことなのですが、シーグラスを拾うのと一緒にイソギンチャクやウミウシなど海の生物に触れて遊んだ覚えがあり、入口は何にしろ、海の触れた一番の思い出です。

ゆーき(神奈川県・30代)

コロナ禍、長い自粛期間の後、久しぶりに出かけて見た夕暮れの海がとても綺麗だった。

0(千葉県・30代)

海の家をやってました。
海の前では、調子に乗ってはいけない。謙虚に生きることを教わりました。

tricominus2(東京都・40代)

20代前半の頃、会社のひとたちと一緒に熱海の吉井浜にいきました。畳一畳くらいの大きさの板に使って海へ、波に飲まれてひっくり返り死ぬ思いをした。やっとの思いで陸へ。それ以来、海はこわいと思っています。溺れた記憶はトラウマみたいになってはいますが、やはり海は好きです。

志津(東京都・80代)

波が大きい海水浴場を家族で探して行くのが大好きでした。小学校低学年から中学くらいまで毎夏、家族の犬も一緒に海で遊びました。何度も何度も波にのまれて天地逆転して、鼻に塩水が入ってはむせてむせて、その後にパラソルの下で飲む甘い飲み物やちょっとした食べ物の味が最高だったことが忘れられません。それが何だったかは思い出せないのに。いまでも波の穏やかな海はあまり海という感じがしません。一つも同じものがない波の形、波の音、波のエネルギーを感じられるのは海だけです。

TATTOOTREE(東京都・40代)

イベント等で集まった、手書きのエピソードたち。
2022年に開催した『海の森、海のいま』展で寄せられた海の思い出もご紹介します。